介護タクシー埼玉 埼玉民間救急 深谷地区介護タクシー

エヌケー介護タクシー

 

 開業したら直ぐに届け出る所得税関係提出事項

 

 税務署への届出も忘れずに!!

  個人で事業を開始したとき国税庁パンフレットPDF

  個人事業の開廃業等届出最寄りの税務署へ提出PDF

  青色申告の承認手続き最寄りの税務署へ提出PDF

  たな卸資産の評価方法の届出最寄りの税務署へ提出PDF

 

 暮らしの税情報29年度版 国税庁パンフレットPDF

 

 個人事業の開業届出・廃業届出等手続国税庁タックスアンサーより抜粋

 

  [概要]

   新たに事業を開始したとき、事業用の事務所・事業所を新設、増設、移転、廃止したとき又は事業を廃止したときの手続です。

 

  [手続根拠]

   所得税法第229条

 

  [手続対象者]

   新たに事業所得、不動産所得又は山林所得を生ずべき事業の開始等をした方

 

  [提出時期]

   事業の開始等の事実があった日から1月以内に提出してください。

   なお、提出期限が土・日曜日・祝日等に当たる場合は、これらの日の翌日が期限となります。

 

  [提出方法]

   届出書を作成のうえ、持参又は送付により提出してください。

   ※番号制度に係る税務署への申請書等の提出に当たってのお願い

 

  [手数料]

   手数料は不要です。

 

  [申請書様式・記載要領]

   個人事業の開業・廃業等届出書(提出用・控用)(PDF/364KB)

   書き方(PDF/155KB)

 

  [提出先]

   納税地を所轄する税務署長(事務所・事業所を移転する場合で、その移転前の事務所・事業所の所在地を納税地としていたときには、その移転前の事務所・事業所

  の所在地を所轄する税務署長)(税務署の所在地等については、国税庁ホームページの「国税庁紹介」の「所在地及び管轄」をご覧ください。)に提出してください。

 

  [受付時間]

   8時30分から17時までです。

   ただし、税務署の閉庁日(土・日曜日・祝日等)は、受付を行っておりませんが、送付又は税務署の時間外収受箱に投函することにより、提出することができます。

 

  [相談窓口]

   最寄りの税務署(所得税担当)にご相談ください。

   ただし、閉庁日(土・日曜日・祝日等)は、行っておりません。

 

[備考]

 事業を廃止する方で青色申告の取りやめをされる方は、「青色申告の取りやめ届出書」も提出してください。

 また、消費税の課税事業者の方及び課税事業者を選択されている方で、廃止する事業のほかに課税売上に当たる所得(不動産所得等)のない方は、「事業廃止届出書」

 も提出してください。

 

 新設、増設、移転、廃止に係る事務所・事業所の所在地が納税地と異なる場合であっても、納税地を所轄する税務署長以外の税務署長への提出は不要です。

 なお、これらの事務所・事業所を納税地として選択する方は、「所得税・消費税の納税地の変更に関する届出書」を提出してください。

 

 

 

 自営業者の税金

  自営業者(個人事業者)はサラリーマンなどとは違い、自分で税額を計算し、自分で確定申告するか税理士に確定申告を依頼しなければなりません。

  自営業者(個人事業者)に関わってくる「青色申告制度」、「白色申告制度」の違いや特徴について。

 

 白色申告制度とは

  売上げなどの収入金額、仕入れや経費に関する事項について、取引の年月日、売上先・仕入先その他の相手方の名称、金額、日々の売上げ・仕入れ・経費の金額等を帳簿

 に記載します。

  記帳に当たっては、一つ一つの取引ごとではなく日々の合計金額をまとめて記載するなど、簡易な方法で記載してもよいことになっています。

  原則として「青色申告制度」のような帳簿作成の義務はなく、領収書等を整理、保存しているだけで取引を記録する必要はありませんが、「前々年、または前年の所得が

 300万円を超えている場合」は、簡易な記帳義務が生じますので注意が必要です。

  所得が300万円を超えてしまう場合は、どうせ記帳義務が生じるのなら、青色申告がオススメです。

 

 

 青色申告制度とは

  青色申告制度とは、日々の取引(収入・経費)を正規の簿記(複式簿記)に記帳し、正確な税額を計算することによって、通常の申告制度である、「白色申告」には

 ない、さまざまな特典が受けられる申告制度のことで、この申告のできる人を特に、「青色申告者」と呼んでいます。

 

   日本の所得税は、「申告納税方式」が採用されており、納税者が自らが税法に従って税額を計算し、申告、納付することとなっています⇒確定申告。 しかし自分の所得

 を正確に申告、納付するためには日々の正しい記帳が必要となってきますので、このような者にはいくつかの特典が受けられるようになっているのです。

  ※作成した「帳簿・決算関係書類」は7年間、「その他の書類」は5年間、保存することが義務付けられています。

 

 青色申告ができる人

  青色申告は以下の所得がある方が受けることができる制度です。

  ・事業所得

  ・不動産所得

  ・山林所得

 

 青色申告の申請

  青色申告の制度を受けるためには、

  ・「青色申告書による申告をしようとする年の3月15日まで」(または1月1日~1月15日までに新規開業した場合)

 

  ・1月16日以降に開業した場合・・・「開業日から2ヶ月以内」の日までに、所轄税務署に「所得税の青色申告承認申請書」を提出(郵送でも可)することにより申請

   し、承認を受けることとなります。

 

 

 青色申告の特典

  青色申告には、白色申告にはないさまざまな「特典」があります。

  ◎青色事業専従者給与の必要経費参入

   青色事業専従者給料、「あらかじめ税務署に青色専従者に関する届出書を提出し、その届け出た範囲内の金額(適正金額)が必要経費として認められます」。

   ですので、税務署に認められた金額全額が必要経費として認められるのです。

 

  白色申告の場合

   「配偶者以外の親族1人につき最高50万円(配偶者の場合には最高86万円)」

    または、「事業専従者控除前の事業所得÷(事業専従者数+1)」

   以上のうち、どちらか少ない額が必要経費として認められます。

 

 ◎申告控除

  青色申告特別控除として「所得金額から10万円控除」または、

 「複式簿記の記帳者は65万円控除」が受けられます。

 

 ◎減価償却の特例

  特定の設備について特別償却を受けたり、耐用年数の短縮が受けられます。

 

 ◎純損失の繰越

  事業所得などに損失が生じた場合(純損失)は、翌年以降3年間の繰越控除が受けられます。

 

 ◎純損失の繰戻し

  事業所得などに損失が生じた場合(純損失)、前年も青色申告を提出していれば、前年分の所得に対する税額から還付を受けられます。

 

 中古資産の耐用年数(国税庁タックスアンサーより抜粋

  耐用年数の全部又は一部を経過した、いわゆる中古資産の耐用年数は、取得時における使用可能期間の年数を見積もることとされている(耐令3)。

  使用可能期間の見積りが困難なときは、次により耐用年数を計算する。

   ① 耐用年数の全部を経過した資産

    法定耐用年数×0.2=見積り耐用年数

   ② 耐用年数の一部を経過した資産

    (法定耐用年数-経過年数)+経過年数×0.2=見積り耐用年数

    その計算した耐用年数に1年未満の端数があるときは、端数を切り捨てた年数とし、その計算した耐用年数が2年に満たない場合は2年とする。

 

 

     開業してからの報告書関係

 

   介護タクシーの運行実績報告が有ります。

   3月年度末で締め切り、前年度の4月~翌年度の3月まで一年間の走行キロ数、搬送人数、などを5月の連休明けに提出する。

   提出は郵送で行っても良いことになっている。 この場合、提出部数は正副二部提出し、返信用切手を添付した封筒を必ず同封すること。

   受け付け処理が終わると、後日受付済み印の押された控えが郵送で送付されるので、保管する。

 

       一般乗用旅客自動車運送事業(限定)輸送実績報告書記載例

 

       一般乗用旅客自動車運送事業(限定)輸送実績報告書白紙

 

   付随して、実績が有れば救援事業等実績報告書も提出する。

   移動等円滑化実績等報告書(福祉タクシー車両)も作成し提出する。※国土交通省として、福祉車両の台数を増やす計画があるので、その実態把握の資料として提出。

 

Copyright © 2011 エヌケー介護タクシー All Rights Reserved